男女

お墓に困った時は納骨堂を利用|利用しやすい場所を選ぶことが大切

供養の仕方

墓地

墓石は故人を供養するために必須のものとなっています。しかしお金さえかければよいというものではなく、故人の趣味嗜好に合ったものになるようにしましょう。自宅からなるべく近い場所に墓所を持つと、その後の管理が楽になります。

もっと知ろう

葬儀の負担を軽くする

葬儀

大東市内には優良葬儀業者が複数存在しています。近年では、従来には見られなかった新しいスタイルの葬式が営まれるケースが増えてきました。具体的には家族葬・一日葬・直葬などがありますが、葬儀にあまり時間をかけられない場合は、一日葬や直葬を利用するとよいです。

もっと知ろう

満足度の高い葬式のために

お花と数珠

八尾の葬儀社は、葬儀一式というようにセットプランを用意しているところが多いです。そのサービス内容は業者によって違い、不明瞭なこともありますので、見積もりや問い合わせで詳細を明らかにしたうえで、比較しましょう。業者選びでは、それぞれが希望する葬儀形式を得意としているところを候補にすることが大切です。

もっと知ろう

お墓の場所に迷ったら

お花

お墓にかかる高額な費用

納骨堂は本来、お墓に安置するまでの間お骨を収めておく場所でした。しかし最近では、お墓の代わりとして広く利用されるようになってきました。その理由は、第一にお墓を設置する際の土地の利用料や墓石が高額なためです。寺社の墓地や霊園では街の中心部では空きが少なく見つけたとしても費用も高額になってしまいます。また墓石も加工料や設置料などをいれるとかなりな負担になります。葬式の後お墓のために頭を悩ませる人も多いのです。それに霊園は郊外にある場合が多く墓参りに行くには交通の便が悪かったり、時間もかかります。そうしたことから、納骨堂をお墓がわりに使うケースが増えてきたのです。納骨堂は通常はお骨だけを安置しますがお墓の代わりに使う場合は祭壇も設置してあります。

大きなビルの場合も

納骨堂の形は色々でロッカー式や仏壇式、棚式、お墓式、機械式などがあります。最近はコンピューター制御で骨壷や位牌が運ばれてくるタイプもあり様々な形態のものが増える傾向にあります。納骨堂は交通の便利な場所にあることが多くお参りするにも便利です。また、室内で管理されているので掃除の必要もありません。最近では大きなビルの中に納骨堂が出来ている場合も増えています。家族や親族が遠方に住んでいてなかなかお参りに行けない場合でもきちんと管理をしてくれるので安心です。最近は子供たちにお墓の面倒をかけることをさせるため、納骨堂を利用する人も増えています。この契約をすれば、毎年管理費を払わなくても永代供養をしてくれます。